広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-01-14

クリーク・アンド・リバー、韓国CREを持分法適用関連会社から連結子会社に変更

印刷する

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、韓国のCREEK & RIVER ENTERTAINMENT Co., Ltd.(CRE)について、資本構成を見直すことを発表した。持分法適用関連会社から、連結子会社へと1月9日付で変更した。
CREEK & RIVER KOREA Co., Ltd.は、2001年に韓国ソウルに連結子会社として「CREEK & RIVER KOREA Co., Ltd.」(CRK)を設立。韓国TV局に対する人材派遣事業を中心に成長してきたが、2016年12月に、CRKの事業を会社分割しCREを設立した。
現地経営陣の株式保有比率を高め、CREは持分法適用関連会社としたが、CREが韓国エンタテインメント分野で培ってきたネットワークと連携する機会が増加してきたこと、韓国のクリエイターが世界で活躍するための機会の創出において事業連携をより深めていく必要があること等の理由から、改めて連結子会社化する。


■リリース
https://www.cri.co.jp/news/press_release/2020/20200109002977.html

PAGE TOP