広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-12-25

サイバーエージェント、ワンメディアと共同で企業YouTubeアカウントの開発・運用を行う広告ソリューションの提供を開始

印刷する

株式会社サイバーエージェントは、インターネット広告事業において、ワンメディア株式会社と共に、広告主企業の自社YouTubeチャンネルの開発・運用を行うコンテンツマーケティングソリューション「ブランデッドチャンネル」の提供を開始したと発表した。
昨今、SNSやWeb動画の普及に伴い個人の趣味嗜好は多様化し、またメディアのプラットフォームが整備されたことから、個人がメディアとなりコンテンツを配信できるようになった。広告主企業にとっては、いかにユーザーに視聴され伝わるコンテンツをつくり届けるかということが課題となっており、広告のみならず優良なコンテンツへの投資も重要であると考えられている。
このような環境変化を背景に提供を開始した「ブランデッドチャンネル」は、広告主企業の自社YouTubeチャンネルの開発から動画の企画、撮影、編集、広告運用までをワンストップで提供するコンテンツマーケティングソリューション。
企業チャンネルを開設し、単発の施策に留めることなく継続的にターゲットへコンテンツを発信していくことで、既存の企業ファンのみならず、潜在ターゲットへのリーチ・新規獲得を狙い、ファンコミュニティの拡大およびコンテンツを自社の資産としてストックする仕組み形成を図る。
このサービス提供に際し、独自のヴィジュアルストーリーテリングでブランドメッセージをエンタメコンテンツ化してきたワンメディアが動画の企画・制作を行い、デジタル領域におけるマーケティング支援を強みとするサイバーエージェントがファンコミュニティ作りおよび広告運用を行うことで、両社の強みを生かし、ブランドの価値向上に繋がるコンテンツマーケティング支援の実現を目指していくという。


■リリース
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=24199

PAGE TOP