広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-12-20

電通、海外事業の構造改革実施で2019年通期業績予想を修正

印刷する

株式会社電通は、海外事業における7つの市場での構造改革の実施と、2019年度通期の連結業績予想(2019年8月7日発表)の修正を発表した。


【2019年度 連結業績予想の修正(2019年1月1日~2019年12月31日)】
収益      :1兆0348億0000万円(前回発表 1兆0544億0000万円)
売上総利益   :9433億0000万円( 同 9597億0000万円)
調整後営業利益 :1355億0000万円( 同 1429億0000万円)
調整後当期利益 :810億0000万円( 同 860億0000万円)


海外の事業環境が複雑化し、ここ数四半期連続で不振が続いているため、海外事業を含め、全体の2019年度通期業績予想を見直すこととした。構造改革においては、オーストラリア、ブラジル、中国、フランス、ドイツ、シンガポール(地域統括オフィスを含む)、英国(海外事業統括オフィスを含む)の7つの市場を対象に、全体の約11%(海外事業を支える全従業員のおおよそ3%に相当)の人員削減を行う。さらに不動産の適正化や他の関連施策も実施。全体の費用としては1億7,900万ポンド(約248億円)を見込んでおり、1億4,300万ポンド(198億円)を2019年度に計上、残りを2020年度に計上する。
海外事業全体の戦略として、クリエイティブ、CRM、メディアの3つの事業ユニットから構成されるシンプルな組織に変更する。
なお、国内事業については予想に変更はない。


■リリース
https://www.dentsu.co.jp/news/release/2019/1216-009980.html

PAGE TOP