広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-12-16

日本創発グループ、研精堂印刷の株式を取得し持分法適用関連会社化

印刷する

株式会社日本創発グループは、研精堂印刷株式会社の株式の一部を取得し、持分法適用関連会社とすることを発表した。2020年1月10日に株式譲渡を実行する。みなし取得日は2020年3月末日の予定。取得後の持株比率は44.96%(取得前の持株比率は0%)。取得価額については非公開。
研精堂印刷は1947年1月に岡山県岡山市にて創業。現在は、岡山本社・東京の営業拠点と岡山市内の2工場の生産体制の下、事業活動を営んでいる。両社がインフラ設備やノウハウ等を融合することで、付加価値の向上および生産効率の向上、新サービスの展開等に取り組むのがねらい。研精堂印刷をグループの印刷製造部門の西日本地区における「拠点」と位置付けるとのこと。
なお、研精堂印刷代表取締役会長兼社長の山川昌夫氏は、2020年1月29日開催予定の弊社臨時株主総会にて日本創発グループの取締役に選任される予定。さらに選任された場合、代表取締役会長に就任する予定。


■リリース
https://www.jcpg.co.jp/ir/news/ir_20191209_005.pdf

PAGE TOP