広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2022-02-03

ファンコミュニケーションズ、2021年12月期通期の業績予想を売上高・利益ともに下方修正

印刷する

株式会社ファンコミュニケーションズは、2021年12月期通期の業績予想(2021年2月8日発表)について、修正した数値を発表した。

【2021年12月期 通期連結業績予想の修正(2021年1月1日~2021年12月31日)】
売上高 :267億円(前回発表 289億円)
営業利益 :23億1800万円( 同 27億2000万円)
経常利益 :25億1600万円( 同 27億4000万円)
当期純利益 :16億3700万円( 同 18億9000万円)

稼働広告主数は増加基調である一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響による一部広告主の予算削減や新規プロモーションの稼働が鈍化したことなどから、売上高・利益ともに当初の見込みを下回ることとなった。


■リリース
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120220131575610.pdf

タグ:ファンコミュニケーションズ
PAGE TOP