広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2021-02-15

インサイト、2021年2Q決算は2割減収で赤字計上 広告・マーケティング事業の受注減少が大きく影響

印刷する

株式会社インサイトは、2021年6月期第2四半期の連結業績(2020年7月1日~2020年12月31日)を発表した。


【連結経営成績(累計)】
売上高    :8億9800万円(前年同期比 22.4%減)
営業利益   :マイナス5100万円(前年 0円)
経常利益   :マイナス4500万円( 同 200万円)
四半期純利益 :マイナス4900万円( 同 0万円)


広告・マーケティング事業の収益領域であるデジタルマーケティング分野の受注強化、地方創生事業を中心とした官公庁事業の受託に引き続き注力。その中でもリンベル株式会社との業務提携により、広範囲の自治体と契約できたことから、前年を大きく上回る受注があった。一方で、コロナ禍により広告受注量が2割以上と大きく減少した。
そのほか債権投資事業においては、当第2四半期連結累計期間は順調な回収となったが、経年にともない回収可能債権額が減少傾向にあることと、回収費用も増加したことから、前年同期と比較して若干の増収だったが、減益となった。介護福祉事業も、目標入居率を達成できず、減収減益の営業損失となった。
これらの結果、特に広告・マーケティング事業の受注減少が大きく影響し、全体の売上高は22.4%減となり、赤字を計上している。


■リリース
https://ssl4.eir-parts.net/doc/2172/tdnet/1929331/00.pdf?_fsi=4jV0coiz

PAGE TOP