広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2021-02-12

レッグス、2020年12月期通期の予想を上方修正 物販やプレミアムサービスが好調

印刷する

株式会社レッグスは、2020年12月期通期の業績予想(2020年10月28日発表)について、修正数値を発表した。

【2020年12月期通期 連結業績予想の修正(2020年1月1日~2020年12月31日)】
売上高   :171億2900万円(前回発表 155億0000万円)
営業利益  :12億4300万円( 同 7億0000万円)
経常利益  :13億5100万円( 同 7億8000万円)
当期純利益 :12億3500万円( 同 8億0000万円)

流通顧客向け物販および流通顧客向けプレミアムが好調だったことにより、売上高が当初予想を上回る見込みとなった。増収により主に人件費を中心とした販管費の増加を吸収し、営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益についても、予想を上回る見込みだ。


■リリース
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4286/tdnet/1927258/00.pdf

タグ:レッグス
PAGE TOP