広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-10-30

サイバーエージェント、広告主ごとに適したAIモデルをオリジナル生成する技術の提供を開始 

印刷する

株式会社サイバーエージェントは、効果予測AIで企業やブランドごとに適したAIモデルをオリジナル生成し育成していく、「極予測AI人間(キワミヨソクエーアイニンゲン)」を2020年11月より提供すると発表した。



同サービスは、GAN(敵対的生成ネットワーク)による架空のAIモデルの大量生成と「極予測AI」の効果予測を何度も繰り返すことで、企業やブランドごとのターゲティングに適した「オリジナルのAIモデル」を生成し、さらにAIで「広告効果の出せるAIモデル」へと育成していくもの。



この技術により、企業ブランディングに適したモデルの制作キャスティングおよび、多種多様な髪型・ポーズ・ファッション・シチュエーションの表現や、コロナ禍で起用が難しい外国籍のモデルも生成が可能となるなど、撮影や表現の様々な制約や契約条件にとらわれることなく、広告クリエイティブを制作することができる。



また、企業やブランドごとに配信メディアの特性やターゲット属性なども考慮し、AIモデルの服装や髪型などを作り分け、広告クリエイティブを制作して配信することにより、高い広告効果が見込める。さらに広告配信後の実績データも「極予測AI」の効果予測AIに組み込むことで、オリジナルのAIモデルを「効果の出せるAIモデル」へと育成していく。このため、人材・通販・金融・マッチング業界など細かなターゲット設計が必要な業界をはじめ、多くの業種において広告クリエイティブによる広告効果向上の貢献が期待できるという。



■リリース
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25322

タグ:サイバーエージェント
気鋭のコラムニスト達による5分コラム
http://www.koukoku-baitai.com/
世界で一番起業家とベンチャー企業を創出する.com
地域広告媒体.com
PAGE TOP