広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-10-08

電通デジタル、デジタル広告の表示最適化ツール「Frequency Cap Optimizer」提供開始

印刷する

株式会社電通デジタルは、デジタル広告の最適な表示回数(フリークエンシー:FQ)の上限を導き出すツール「Frequency Cap Optimizer」の提供を開始した。



Frequency Cap Optimizerは、同社が2019年6月に発表した「デジタル広告の最適な表示回数の上限を導き出すフレームワーク」をツール化し提供するもの。第一弾としてFacebook, Instagram広告に対応する。同社が保有するFQ回数別リフトモデルと、Facebook社が保有するリーチシミュレーションデータ(ユーザーへのリーチ数とFQ分布の予測データ)を組み合わせることで、配信セグメント・広告予算・配信期間に応じて最適なFQ上限回数を導出する。



これにより、柔軟な配信条件(配信セグメント・広告予算・配信期間)の設定と、Facebook社の広告在庫(表示可能な回数)を加味した精緻な算出が可能になるという。



■リリース
https://www.dentsudigital.co.jp/release/2020/1001-000629/index.html

タグ:電通
PAGE TOP