広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-09-14

AnyMind Groupと全日空商事、羽田空港で新技術を使ったデジタルOOH広告を展開開始

印刷する

AnyMind Group株式会社と全日空商事株式会社は、日本国内における空港のDX(デジタルトランスフォーメーション)を共同で推進し、新事業を開始することを発表した。



本事業の第一弾プロジェクトとして、デジタルOOH(デジタル屋外広告)を活用する広告媒体『HANEDAダイナミックアドビジョン』の運用(広告配信)を10月より開始する。



HANEDAダイナミックアドビジョンでは、デジタルサイネージモニター上部に設置したカメラで、羽田空港利用者の目線を追うことで、サイネージに表示された広告画像(静止画、動画)を視認した割合(視認率)、見た人がどんな属性なのかを独自技術で解析する。掲示広告をオンライン化することで、視聴者データの把握や広告の即時切り替えが可能になるという。将来的には、デジタルOOHを日本各地の空港で展開し、それらを繋いだ独自のネットワークを構築する予定。



設置場所は、羽田空港第2ターミナル 国内線2階 保安エリア内中央コンコースエリア。



■リリース
https://www.anatc.com/wp-content/uploads/
2020/09/NewsRelease_HanedaDinamicAd.pdf

タグ:AnyMind
PAGE TOP