広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-07-08

電通デジタル、データ統合×AI活用の広告運用ソリューション「X-Stack」の本格提供を開始

印刷する

株式会社電通デジタルは、デジタル広告運用でのマーケティング施策を最適化するソリューション「X-Stack(クロス・スタック)」の本格提供を開始した。2018年10月より開発版を運用していたが、今回、本格的に提供を開始する。



「X-Stack」は、カスタマーデータプラットフォームの導入、デジタル広告、CRMの企画・運用など一連のサポートにおける知見や実績を活かし、広告効果を最大化させるソリューション。Webサイト上の行動データと企業のCRMのオンライン/オフラインデータを統合し、AI・機械学習により、事業成果の予測モデルを構築。広告配信やメールマガジンの出し分けなどの各施策に適用する。



これにより企業は、事業成長の重要指標の一つであるLTV向上に直結させた広告運用を実施できるという。Googleとの取り組みにより、媒体仕様の研究に基づいた入札への反映機能も装備しており、新規顧客の集客施策にも適用可能。



本格提供にあたって、より導入しやすいよう、CRMデータを保有しない企業でも導入できる「X-Stack Entry」、大手プラットフォーマーとの協業による「X-Stack Premium」の2つのサービスメニューを用意し、X-Stackの活用幅を広げた。

X-Stackについて
https://www.dentsudigital.co.jp/service/digitalad/DualFunnel/index.html


■リリース
https://www.dentsudigital.co.jp/release/2020/0706-000517/index.html

タグ:電通
PAGE TOP